FC2ブログ

が卒園しました。
 園からいただいたお花を 
「ばーちゃんにあげる!」
 といって、
持ってきてくれました。 ​
​​
これから、いろんな経験をするんだね。 
うれしいこと、楽しいこと、 
時にはつらいこと、くやしいこと、 
たくさん経験して 
その度、父である息子たちも 
共に悩んで、喜んで・・・・。 

私たちがそうであったように・・・。 

 私の役目は そっと、ここにいて、 
ただ、ここにいて、 

時には、 「大丈夫、大丈夫」 と、
背中をさすってあげること なのかもしれません。
スポンサーサイト




毎年、我が家の春の訪れを知らせてくれる水仙ですが、 
実は、この場所で水道関係の工事をして、 
土を深く掘り返していたので 
今年はもうダメかな・とあきらめていました。 

そしたら、芽が出て、 
今年も、いつもと同じ顔が 
春を教えてくれました。 

「もし、球根がでてきたら 
また、埋め戻しておいてくださるとありがたい。」 
と、工事の方に伝えていたのですが、 
きっと、無理だなとあきらめていました。

でも、いつもの場所に
また、水仙の花。 
面倒なお願いだったのに、 
小さな球根を埋め戻してくれていたんですね。
今になって、その方のやさしさに感謝です。

うれしい水仙に、大事なことを教えられた気がします。 

気が付いたら、 ひと月、ブログを離れていました。
ささいな人の言葉にちょっと足をすくわれ 
元気をなくしていました。
話し相手がいないので、 
いつまでも、頭の中でぐるぐると回っていましたが 
話し相手がいないので、
相手のせいにせず、 
静かに受け止められて
よかったのかもしれないと 思っています。
​​
​​​
コロナのせいで、 学費や生活費がまかなえず、 
学校を途中退学せざるを得ない子どもたちも大勢いると、 
やるせないニュースを見るにつけ 
何とかしてあげられないのかと とても、歯がゆく思います。 

夢に向かって努力し、 せっかく学校に進学できたのに、 
あんまりではありませんか。 
子どもたちをもっと、 大事にしてあげる方法はないのでしょうか?

 国は、なんとか、早急に 
手を差し伸べる手立てを考えてあげてほしいです。

​​​
今になって、気が付きました。

↓にある、「拍手」に、コメントがいただいていたことに。

時折、拍手がいただけていて、
わお!・・・と、うれしく思っていたのですが、
そこに、コメントまでいただいていたなんて。
ひょんなことから、今日、気が付きました。
コメントをくださったみなさん、ありがとうございました。
そこに、返信ができることも、今日気が付きました。
返信もせず、申し訳ありませんでした。
コメントをいただいて、本当に、うれしかったです。
元気もいただきました。
ありがとうございました。



​​​​誕生日にもらった、友達からのメッセージに
「やっと、年金もらえるね。」
っていうのが、いくつかありました。

今日は、朝から、その年金の手続きにあたふたしていました。
結局、どうしても、分からないところがあって
とうとう、電話で相談してしまいました。

小さいころから、本を読むことが大好きだったのに
いまでは、何度も読み返しても
説明の内容がちっとも頭に入ってきません。
そして、
「聞くのが早い」となってしまうのです。

いくつになっても、
現役バリバリで活躍されている方も多いのに
いまからこれじゃ、だめだなあ・・。

新聞を読むのも億劫で
ついつい、ワイドショーに頼ってしまいます。

子育て中の忙しいときにも
あんなに本が読めていたのに
あの頃よりたっぷり時間があるくせに
最近は、活字からうんと遠ざかってしまった私がいます。

だから、こうして、ブログを書いていても
ちょうどよい、ぴったりの言葉が、
なかなか出てこなくて、しばらく手が止まってしまい、
思わぬ時間がかかったりしてしまうのです。
(>_<)