FC2ブログ
金曜日、ある学校の研究会に参加しました。
そこで聞いたある先生の講演の中にこういう言葉がありました。

「そこにあるから見えるんじゃなくて、人が見るからそこにある。」

それを聞いたとき、私はふと、
これは、釈迦の言う「色即是空」に通じるものではないかな?
と、思いました。

たとえば、道端にたんぽぽが咲いていたとします。
同じその道をあるいても、そのたんぽぽに気がつく人と
まったく気がつかない人がいる。
気がつかない人にとっては その道にたんぽぽの存在は全く無いわけなんです。

・・ということは
つきつめると、事物、出来事、そのすべては
最初にそれがあるんじゃなくて
人がその存在を作っている・・・。
人は、事物や出来事に、幸せになったり苦しめられたりしてるんではなくて
人が、幸せな事物やできごとの存在を作り、
人が、苦しみの事物や出来事を作りだしている・・。

うまくいえませんが、悟りの人が何ごとにも心おだやかでいるのは
そうあることで 事物、出来事に翻弄されず、
すべてを安らかに受け止めるのではなく、
そうあることで、かれらを取り巻く、事物、出来事はすべておだやかなものになってしまう。

やっぱり、私なんかには、うまくいえません。
何かただならぬことが起こったとしても
それを不幸や苦しみのできごとにしてしまうのは
人そのものだ・・ということです。
スポンサーサイト



北野たけしさんの「アキレスと亀」が封切されたようです。

先日、TVのインタビューでたけしさんが、
「好きなことをやって、誰しも自分を磨いて頂点に立とうとするけれど、
結局、本当の幸せは、スターになったり、賞をもらったりすることではなく、
『今、好きなことをやっている』ということなんです。」
といっていました。

本当に、そうだと思います。