FC2ブログ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MY HOME PAGE


プロフィール

ブー子

Author:ブー子
ぶたさん大好きの
ちょっとくたびれた
働く主婦です。
風になった主人とは
年甲斐もなく
長距離恋愛中!


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


カウンター


ブロとも申請フォーム


今日の晩ごはん



フリーエリア


次男の卒業式

昨日、お墓参りに行くつもりで、お花を買いこんでいたのに、
次男が急に
「母さんも、専門学校の卒業式に来る?」って
誘ってくれたもんだから、
ちょっと身体の自信がなかったのですが
(最近、ときどき、気分が悪くなって目まいに似た症状があります)
いっしょに、卒業式に行ってきました。

実は、うちの長男は、何度も何度も高校に入学して頑張ろうとしたのに、
いつも途中で問題が起こり、退学してしまったので、
私にとって、「子供が卒業する」ということは
決して「当たり前」のことではないのです。

問題の多い長男とは対照的に、
おとなしく、落ち着いていて、しっかり者だった次男も
進路の大事な時に
主人のことがあり、大きく道が変わってしまいました。

主人が一番信頼していた次男だっただけに、
なぜ、次男の一番大事な時に・・・・・
と、時折思ったことがありますが、
それは、きっと、主人にしても
どうにもならなかったことなのでしょう。

でも、今ひとつのことを終え、
新しい扉の前にたっている
エネルギーに満ちた若い人たちをみていると、
きっと、主人が
次男を幸せに導くために、あの時だったんだ・・・
と、思えてきたのです。

私が勝手に彼の未来を、
悲観することも、期待することもしてはいけない。
ただ、その時々に、必要とされれば
私に出来る事をしてあげればいい。
毎日の彼が、笑顔で過ごせるようにと
陰から祈ってあげていれば、それでいい。

式に参加して
次男の姿を後ろから見つめながら
そんなことを考えていました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top